◆緊急告知

関東通産局は、特定商取引法に違反する行為により、リゾートクラブを含む複合会員権を連鎖販売する㈱リゾネットに対し、15か月間、業務停止命令。会員を勧誘したら儲かるとか、会員はいつでも割引で泊まれるとかには要注意!
㈱リゾネットは当協会の「リゾネット」とは関係ない・・・e-Commerceを舞台にした新たな事案
 

1291411

お知らせ

11
【大規模開発】
 なぜ、穴吹は北軽だったのか。企画したのは、推定バブル末期。旧軽の土地はまだ高かった、旧軽は、規制が多すぎた。無指定→高層集合住宅は北軽なら可能。
 10階を超えるホテル・リゾートマンションは、軽井沢には存在せず、北軽井沢に2件あり、最上階に大浴場があるのは、ここヴィラ北軽井沢エルウィングのみである。軽井沢町は都市計画法などの他、長野県の景観条例・自然環境保全条例、また町の自然保護対策要綱などを組み合わせて、かっての記憶をたどれば、ほぼ全域に自然公園法の第二種特別地域に相当する規制を敷いていた。風致維持上からも、高層のリゾートマンションや高層のホテルのような建物は難しいことになる。2種は産業開発について「風致維持上必要ある場合は制限」するが、「産業的利用との間につとめて調整をはかる」とある。この辺は、軽井沢町(長野県)と長野原町(群馬県)の自治(Autonomy)の差であり、外来者にとっては好み次第である。
12b:プラザ合意以降のリゾート開発ブームの頃、開発用地が乏しく、かつ、何かと規制の厳しい軽井沢(長野)を越えて、用地が比較的豊富で若干にせよ緩やかな長野原(群馬)側に開発プロジェクトが集まったのは無理からぬことだ。かって、関東のゴルフコース開発案件が50号線→栃木北部→福島南部と北上していったのと同じである。ただ、長野のゴルフコース開発で、事前協議がある程度進んだ案件のうち、ダメになったのは、規制ではなく、土地取得の同意・買収がうまくいかない、あるいは資金繰りがつかなかった故だともいう。よって、信州の規制が一般的に厳しいのではなく、軽井沢が箱根や鎌倉・京都と同じような特殊事情で厳しいのだと解すべきかもしれない。いにしえから事業所が集積し、うまくいっている所は、どうしても規制を厳しくし、現状の維持を図ろうとしがちだ。

【リゾートマンション概要】
 リゾートマンションとしての概要 ⇒
 http://www.himawari.com/karuizawa/mansion/3287.html
 http://www.tokyu-resort.co.jp/detail/p/00392
 群馬県吾妻郡長野原町大字北軽井沢字大屋原1924番172 。しなの鉄道「中軽井沢駅」車19km 29分。 上信越自動車道「碓氷・軽井沢IC」より約35km 車で約53分。コンビニエンスストア 車2分。1993年(平成5)年11月 / 築19年。施工・井上工業。鉄骨・鉄筋コンクリート造 13階建。205戸 (分譲94戸・ホテル客室109戸・管理室・レストラン各々1戸)。用途・無指定。所有権。電気 / 東京電力、 ガス / プロパンガス、 飲用水 / 公営水道、 排水 / 集中浄化槽 。地デジ・BS対応。インターネット環境・ADSL(戸別契約可)。管理会社・管理者:株式会社ヴィラ北軽井沢 (自主管理)、 管理員勤務形態 / 常駐 フロント営業時間7時~22時 ※22時~翌朝7時は夜間宿直者が対応。オートロック・通年22時~翌朝7時。駐車場・屋外70台(無料)。駐輪場なし。大浴場・沸かし湯  展望大浴場・サウナ・ジャグジー・かぶり湯・水風呂7時~11時(又は6時~10時)/15時~24時 )。プール(クア)なし。 和食・焼肉。テニスコート2千円/1時間、スキーロッカー20戸。ラウンジ・カラオケルーム(有料) 。ペット不可。最終更新日 : 2012年10月9日。以上ひまわり軽井沢店。
……
…土地敷地面積/(公簿)8,780.00m2(2,655.95坪).分譲会社/(株)穴吹工務店。施工・井上工業(株)。管理会社/管理運営(株)ヴィラ北軽井沢。管理形態・方式/全部委託・常駐。総戸数/205戸。構造/鉄骨鉄筋コンクリート造地下1階付13階建。建築/H5年1月 。設備・東京電力、LPガス集中、町営水道、ガス湯沸器、排水/集中浄化槽、汚水/-、エレベーター/3基 、駐車場/107/無料。都市計画法/都市計画区域内非線引区域 ・用途地域/指定なし。最終更新日:2013年09月10日。売り・①1LDK- 45㎡。480M。管理費 34,231。②1LDK+ファミリースペース 73㎡、650M、管理費 53,831。③1LDK、 81㎡、650M、管・52,705。以上東急不。
1