839298

resort・ リゾートとtour・観光について



 resortは、もとは14世紀後半の古い仏語で「援助や安全のためのモノ・人」「援助を要請する行為」を意味したそうです。現代でも、英語のresortは、「訴える」「頼みにする」あるいはlast resort「最後の手段」など、たしかに法律用語風にも使われます。
 これが、保養地・避暑地・リゾートを意味するようになります。あるとき、仏語resortが突然変異!を起こして、保養地・避暑地・リゾートを意味するようになりました。
 つまり、1語であったresortのre「再び」とsort「出ていく」が分解し、「再び出ていくこと」を意味しはじめました。言語ではよくあることで、back-formation(逆成)により新しい言葉ができた・・・と説明するようです。
 そして18世紀中頃、「人々がリクリエーションのために行くところ」という意味になったのです。
 19世紀中頃には、夏のリゾート、ニューヨークのサラトガに大きなトランクを持って旅行するとか、ロシアの夏のリゾート・ホンブルグでフェルト地を使った帽子が売り出され流行したというような記述がでてきます。それで、温泉や海岸、遊園地もresortと表現されるようになりました。 
 このように、resortが、名詞で「保養地という地域・施設」、動詞で「保養地や保養地の施設に行く」意味になり、そのうち、おもに名詞部分がカタカナとなって日本語に収録されたようです。
 少なくとも、リゾートは、①たびたび行く先、②長期滞在先という、2つの空間を意味すると思います。
 「
八十日間世界一周」というなつかしい映画はご存知の方が多いかと存じます。もとの題はLe tour du monde en quatre-vingt jours。ジュール・ヴェルヌなるフランスの小説家が1872年に書いたものを映画化したものです。タイトルにもありますように「 tour 」です。80日間を費やしましたが、同じところを繰り返し訪問していないのでre-sortではありません。まさに典型的な観光ということになります。
 このようにリゾートは
 観光、名所旧跡等を訪問して回遊するtourやsightseeingとは異なる意味をもちます。また、観光も含む、観光とは別の空間でもあります。それだけに、リゾートはコミュニティという概念にも、親和性があります。
 したがって、たとえ大きな別荘があっても、ポツンと1軒・1家族がいただけではリゾートになりにくいでしょう。 
 (ただし協会の公式意見ではありません。大谷の私見です。どうぞご批判ください。)
参考:http://www.etymonline.com/  
    http://ejje.weblio.jp/content/resort